関節7つの精密機能(目次)
.
➡関節1)応力を分散させる免震機能-関節包内運動-
➡関節2)振動を吸収する制震機能-脳を守る骨格ダンパー-
➡関節3)衝撃をブロックする断震機能-関節内圧変動システム-
➡関節4)関節軟骨の神秘-“知的衝撃吸収”機能-
➡関節5)関節軟骨の神秘-驚異の摩擦係数-
➡関節6)潤滑オイルの自動交換システム-滑膜B型細胞の“受容分泌吸収”機能-
➡関節7)関節受容器によるフィードフォワード制御
.
番外編
➡関節は振動エネルギーを熱エネルギーに変える変換装置!?
➡膝関節の内圧は陽圧?陰圧?

 この疑問にお答えする前に、まず大気圧との関係について簡単に説明しておきます。

 海面上における大気圧を1気圧と定義し、1気圧=760㎜Hgということになっています。

 これは海面と同じ高さの平地では、水銀柱の高さが760ミリになることに由来します。要するに気圧の力で水銀が76センチの高さに押し上げられるという意味です(Hgは水銀の元素記号)。

 たとえば、血圧が120㎜Hgということは水銀柱が120ミリ(12センチ)の高さに押し上げられるという意味になります。

 眼圧は大気圧よりわずかに高く、通常は眼圧と大気圧の差を「眼圧」と呼んでいます(10~21㎜Hgを正常範囲内と定義しています)。

 一般には周囲の環境と比較して相対的に圧が高いか低いかという意味で、陽圧か陰圧かを区別していますが、生体の内圧に関しては外界の環境すなわち「大気圧と比べて」という意味で、使われる場合が多いようです。

 したがって、眼圧であれば“陽圧”という表現になります。

 呼吸においては、息を吸うときは肺内圧が陰圧(大気圧より低い状態)になるため、私たちは空気を吸う-酸素が肺の中に入っていく-ことができます。反対に吐き出すときは肺内圧が陽圧になります。

 さて、一般に関節内圧は大気圧より5~6㎜Hg低く、すなわち陰圧とされています。

 ただし、ひざにおいては、内圧を測定した複数の実験がありますが、統一した見解は出されていません。


 報告者によって“陽圧”あるいは“陰圧”あるいは“大気圧とほぼ等しい”などと結果が分かれているのです。

 おそらく測定機器や測定環境の違いなどによって、多少の誤差が生じるのだろうと推測されます。もちろん個体差-人種・職種・スポーツ歴・環境が高地か低地か?等の背景-の問題も考えられます。

 ただ、いずれにおいても極端な数値の違いはないようですので、ほぼ大気圧に近い値だと考えていいのではないでしょうか。その誤差を考慮しても“760±15㎜Hg”あたりだと思われます。

 ちなみに天気予報においては1気圧=1013ヘクトパスカル(hPa)という単位に換算して表されています。

関節7つの精密機能(目次)
.
➡関節1)応力を分散させる免震機能-関節包内運動-
➡関節2)振動を吸収する制震機能-脳を守る骨格ダンパー-
➡関節3)衝撃をブロックする断震機能-関節内圧変動システム-
➡関節4)関節軟骨の神秘-“知的衝撃吸収”機能-
➡関節5)関節軟骨の神秘-驚異の摩擦係数-
➡関節6)潤滑オイルの自動交換システム-滑膜B型細胞の“受容分泌吸収”機能-
➡関節7)関節受容器によるフィードフォワード制御
.
番外編
➡関節は振動エネルギーを熱エネルギーに変える変換装置!?
➡膝関節の内圧は陽圧?陰圧?