個体差に応じた適切な投与量を考える

 今回の新型コロナでは、例えばファイザー製ワクチンは欧米人の体格を基準にしてワンショット量が決められ、工場内でアンプル化され出荷されました。ところが日本では欧米人との体格差が考慮されることなくそのまま同じ量が投与されています。

 日本人成人の平均体重は男性約70kg、女性約50kgに対し、アメリカ人は男性約90kg、女性約75kg。体重当たりに換算すると、日本人はアメリカ人の3~5割増のワクチンを打つことになります。

 欧米の研究ではワクチン投与量が増えると副反応も増大することが報告されており、特に欧米の女性に比して小柄な日本の高齢女性が欧米人と同量のワクチンを打つリスクについては議論の余地が残されているのではないでしょうか

 仮に相応のリスクが内在するのであれば、こうしたリスクを回避するためにも相対医学へのシフトが希求されます。相対医学の下では、個人の体質や体重に合わせて投薬の質や量を変えることが基本中の基本になるからです。

そもそもウィルスとは何者なのか?

 カビや細菌は“食事”を摂り、“呼吸”します。栄養を取り込むことで自ら増殖するわけですが、一方でウィルスは食事も呼吸もせず、自ら増殖することもできません。機能的にも構造的にも生物とは呼べない、別の何かです。

 これまで発見されているウイルスは約6,000種類であり、その中でヒトに感染するものは数百種程度と言われています。しかし未発見のウイルスがどのくらいあるのかまったく分かっておらず、実際の種類が最終的に何万種類あるいは何十万種類になるのか予想すらできません。
 
 地球上には無数のウィルスが存在しており、例えば1ミリリットルの海水の中に数千万から数億個のウィルスがいます(1989年ノルウェーの研究チームが発見)。さらにヒトの皮膚や口内から腸内に至るまで、人体のなかにも想像を絶する量のウィルスが棲んでいます。

 進化の過程でヒトの祖先に感染したレトロウイルスは胎盤機能の基礎を造ったと言われています。母体由来の白血球から胎児を守るための境界壁(胎盤の膜構造)を構成するための“細胞融合促進分子”の設計図、この下地となる“吸着促進分子”はレトロウイルスによって人類にコピーされたものだと考えられています。

ワクチン集団接種は個人健康上のトレードオフを強いるやり方

 ウィルスは古来より人類と共生してきた存在です。絶対的な悪という視点は偏ったものの見方であり、ウィルスの中には腸内細菌にポジティブに作用するタイプが発見されており、さらにウイルスがクロモゾーム(染色体)に組み込まれることで、その動物がウイルスに対して抵抗性を持つことが報告されています。

 そもそも宿主を即殺させるというのは自身の増殖機会を奪う矛盾した行為です。ウイルスにとって宿主の抵抗力が想定外に弱かったときに起きるのが感染死と考えれば、インフルエンザやコロナのようなタイプのウィルスは健全な免疫機能を持つ人類に限って言えば、生命の脅威となり得ないわけです。

 しかし、もちろん人類のすべてがそうした健康体であるはずもなく、不幸にも免疫上のリスクを抱える人々にとって、ワクチンは救世主と映ることでしょう(もっとも救世主と見なすかどうかについては意見が分かれます。例えば同じワクチンでも“このワクチン”は救世主だけど、その“ワクチン”は?といった具合…)。

 他方、健全なる抵抗力を持つ人にとって、ワクチン接種にはどんな意味があるのしょう?その答えは社会的な立ち位置を考慮して(周囲への配慮)、あるいは自身が感染源になるのを避けるため等々が考えられますが、これらはワクチン接種による個人的なメリットとデメリットの関係性(トレードオフ)を受け入れることを含意します。

 こうした個人における健康上のトレードオフを強いるのがワクチン集団接種であり、絶対医学ならではの施策だと言えます。

 こうした健康強者と健康弱者の間のねじれを回避する最善の策は、やはり相対医学へのシフトしかないと、当会は考えます。

相対医学の下では個人の意思が最大限尊重される

 相対医学の下では集団免疫獲得という概念はなくなっている可能性が高い…。“個体差医療”が進化した世界ではヒトとウィルスの関係性がまったく異なる次元で捉えられているはずです。

 そう考える理由は2つあります。ひとつは免疫に対する考え方が変わる可能性です。相対医学においては個人内の免疫機能が徹底的に精査されることで、個別の対策が講じられることになります。

 ある人には食生活(例えば小麦排除の観点)が重視され、またある人は生活習慣(例えば座位時間の削減や運動療法の観点)が、また別の人にはメンタル(例えばアサーションやアンガーマネジメントの観点)が…、というように其々の状況に即した防衛手段が講じられます。

 こうした内的防衛(インナーディフェンス)に加え、必要に応じて外的防衛(アウターディフェンス)すなわち投薬や手術が検討されます。

 もうひとつはウィルスに対する考え方の変化です。前述したようにウィルスの全てが人類の敵ではなく、ヒトにとって有益なウィルスも数多く存在します。たとえばバクテリオファージ(特定の細菌に感染するウィルス)を利用して個別診断に基づく新しいウィルス活用法が生まれる可能性があります。

 こうした医療においては、十分な事前情報が患者に提供され、患者は自らの意思で選択することができます。これが相対医学の世界です。

 一方、現代医学が錦の御旗に掲げる集団接種は、前述したように抵抗力を持つ人にとって許容し得るトレードオフなのかという問題が水面下に隠れており、かつ同調圧力の強い国ではこれを公に語ることすら憚られる空気に支配され、結果マスキングされています。

 しかし相対医学においては、こうした社会的圧力が個人に及ぶことがなく、個人内トレードオフという問題もほぼ解消されるという利点があるわけです。

 「あのときの新型コロナがきっかけで相対医学へのシフトが促され…」と振り返られる未来があるとするならば、コロナ禍で失われた命に対して「決して無駄死にではなかった」と鎮魂の言葉を捧げることができるのではないでしょうか。

 願わくばネオウィルス学と相対医学のあいだに一定レベル以上の親和性があって欲しい…、当会はそのように考えています(ネオウィルス学についてはこちら)。