はじめに

 運動器外来における方法論は「出力系に介入する方法」と「入力系に介入する方法」に大別されます。前者の最も分かりやすい例は筋トレの類で、さらに姿勢矯正や歩行指導、そしてスポーツ医学でのフォーム矯正などが挙げられます。

 一方、後者の例としては五感刺激系のすべて~視覚系(例、ガボールパッチやカラーセラピー)・聴覚系(例、トマティスメソッドやオルゴール療法)・口腔系(例、PoNS)・運動覚系(例、ボデイワーク)・触覚系(例、タッチングやタッピング)~に加え、光線療法を含む電気治療機器などが挙げられます。

 当会が推奨するBReINは複数の技法から成る統合療法であるため、この両者を含みますが、その8割以上を入力系が占めています。

 当記事では、BReINにおいて入力系が多い理由ならびに出力系の介入全般に潜む問題点についてお話させていただきます。はじめに入力系重視の背景について紹介いたします。

インプット・オリジン仮説(Input origin hypothesis)

 上図に示したとおり、ヒトの脳は情報処理の観点から入力系に比重を置いたシステムになっています。

 また消費エネルギーの観点からも、出力(意識的活動)最低レベルの状態すなわち安静時に活動するDMNのエネルギー量が意識活動の数十倍(20倍という報告がある)に及ぶことからも、基本的に出力系より入力系に多くのコストを費やしていることが推断されます。

 下の動画をご覧いただくと「入力優位の脳」について理解を深めやすいと思います。

 生物の入出力システムに関するチキンオアザエッグの視点~基本的に生物の情報処理は「入力が先か、それとも出力が先か」というテーゼ~に対して、当会は独自の見解を持っています。

 その解は「自然界に存在するほとんどの動植物は、情報の入力からシステムが作動する仕組みになっている。出力から始まる生命システムは存在しない」であり、さらにヒト脳における情報処理に関しても例外に漏れず、ほとんど全ての情報処理は「入力から始まる」と考えています。


 さらに精神系から運動器系に至る様々な症状(障害)の原因論に関しても「入力の問題が先行し、その結果として出力の問題が顕現する」というのが当会の見方であり、こうした入出力関係におけるあらゆるチキンオアザエッグに対する一つの回答モデルとして、「生命システムの多くは入力に起源があると同時に、システム障害の多くも入力エラーが発端となる」と考えています。当会はこれを「インプット・オリジン仮説」と呼んでいます。

似た用語に「インプット仮説」がありますが、これは第2言語習得に関する仮説であり、当会が唱える「インプット・オリジン仮説」とはまったく異なる概念です。

インプット・オリジン仮説を支持する具体例 

 世の中には本仮説の証左とも言うべき事例が数え切れないほど存在しますが、ここではその例をいくつか挙げておきます。
 
 最も分かりやすい例として、先天性のろうあ者の方が正確な発語能力を獲得した事例はないという事実(聴覚と発声の関係性)、同様に先天性の全盲の方が色の違いを想い描く(出力する)ことはできないという事実(視覚と色彩感覚の関係性)が挙げられます。

 またトマティス理論も本仮説の有力な証左だと言えます。

<トマティスの三法則>
  1.耳で聴き取れない音は発音できない
  2.聴覚の改善により発声にも変化が現れる
  3.聴覚の改善後、発声の改善も定着させる事ができる。


 上記については、当会が事あるごとに取り上げるノーマンドイジ氏の著作「脳はいかに治癒をもたらすか」の第8章で詳細に語られています。声が出せないという出力異常に対して、出力(発声自体)に介入するよりも入力(聴覚)に介入するほうがはるかに効果的であることが非常に分かりやすく記述されています。

 また当会が唱える「関節反射ショック理論(記事復活準備中)」においても、入力の問題が出力異常を来してしまうメカニズムについて説明しています。詳しくは当該記事をご覧いただければと思いますが、ここでは簡単に概略だけ述べておきます。

 関節受容器の働きは関節内圧の制御システムを兼ねており、これは“関節反射”と呼ばれます。ここに「ある条件が重なる」と瞬時システムエラーが発生します。所謂「関節内圧ほぼゼロの状態」が瞬間的に生まれ、これにより通常起きてはならないディープインパクト(関節内構造物同士の衝突)が発生します。これにより関節受容器が気絶するかのように無反応になる事態が生じ得るという理論です。

 このときディープインパクトの余韻が想定外に長く続くケースがあり、関節受容器からのシグナルに対して中枢が適切な応答を返すことができなくなります。結果的に出力異常を来して、これが筋緊張の低下に繋がるケースがあるのです。

 こうした生体に自律神経の機能異常が合併すると、交感神経が支配する筋血流が不安定になり、場合によっては筋萎縮となって顕現します。ここに強い痛みが付随すると分かりやすいCRPS(RSD)となり、強い痛みが付随しない場合は筋委縮やソフト・ディセンス(錯感覚)が前景に立ち続けるCRPS(RSD)となります。

ヒトが訴える“しびれ”はソフト・ディセンスとハード・ディセンスの2種類に大別される。前者はいわゆる錯感覚であり、後者は神経脱落症状である。


 こうした症例におけるソフト・ディセンス(錯感覚)や筋委縮に対しては「絞扼性神経障害」と誤診されやすい傾向があり、当会は「しびれ=神経圧迫」という先入観に警鐘を鳴らしています(関連動画)。

 少し話が逸れましたが、「関節反射ショック➡出力応答の異常➡筋緊張の低下」という現象は、まさしくインプット・オリジン仮説の証左と言うことができます。

出力系の介入全般に潜む問題点 

 入力異常が起点となって、結果的に出力異常を来している症例に対して、出力側のみに介入してしまうと、どんなに本人が努力しても空回りするケースがあります。そもそも入力レベルでエラーが起きているのですから、たとえ出力を変えることに成功したとしても、入力の問題が置き去りにされたままでは、元の木阿弥になりかねません。
 
 実はここにも絶対医学の闇が潜んでいると言えます。個体差を重視する相対医学であれば「方法論に対する親和性」という次元、すなわち「個人によって合うやり方と合わないやり方ある」という相性の問題が最大限考慮されるわけですが、現状の絶対医学にあっては軽視されています。

 出力に介入するということは、どうしても「訓練、鍛える」というベクトルに傾きやすいわけですが、ここにまさしく超個体差という次元が潜んでいることを本来は重視すべきなのです。
 
 例えば、昨今流行りの投球フォーム動画分析アプリや動作解析システムを利用するやり方には大きな問題が隠れています。これに関してはこちらのページ「絶対医学から相対医学へのシフト❸~運動器外来におけるミスリード“絶対矯正”~でより深く掘り下げていますので、是非ご一読ください。

確率共振とクロスモーダル効果、そして「痛みの機能的結合性仮説」

以下、作成中

 

ニュースレター購読(無料)のご案内!定期セミナーのレジュメ、新着記事や動画のお知らせ、ゴールド会員向け動画(有料版)の一日限定&特別公開といったスペシャル企画など、購読者しか得られない特典が満載!

メール記載リンクからいつでも停止できます。是非一度お試しください!会員の方は申込不要です 。