1994年千葉県内の整形外科においてコメディカル有志によるAKA-博田法の勉強会発足
2006年関節運動学研究会(AKG)発足
2008年関節神経学的治療法(ANT)の臨床追究にシフト
2009年関節拘縮の実態について中枢説を提唱
2010年AKG研修会において「痛み記憶の再生理論」を発表
2011年AKGの名称をBFI研究会に改称
2012年ネット上に「痛み記憶の再生理論」を公開
2013年関節神経学-関節受容器の機能と組織学的証明-に独自の視点を加えた
『関節受容器によるフィードフォワード制御理論』を発表
2014年地震工学における建築学の視点で捉えた人体脊椎機能-脊椎は脳を守る
骨格ダンパー-を出発点にして、椎間板の医学常識を根底から覆す新理論
『椎間板のパラダイムシフト-トランス・ファンクション理論-』を発表
同年デフォルト・モード・ネットワークにおける「境界意識仮説」を提唱
2018年臨床ターゲットを脳に据えることで体現される「総合臨床アプローチ」という概念を発表
2020年日本脳弾塑性学会発足

 上記にあるとおり当会設立は2020年ですが、その嚆矢は1990年代に遡ります。理工系出身の或る一人の柔整師が整形に入職して後、教科書と現実の径庭に直面したことがスタート地点。
 
 例えば、同部位の同じレベルの骨折であっても、腫脹発赤、疼痛レベル、固定後の関節拘縮、リハプロセス、そのいずれにおいても明確な個体差が…

 にも拘らず、そのような“個の違い”が何に由来するかについて書かれた文献が存在せず、そもそも医学の成書には個体差を想定した文脈がないことを覚知しました。

 一人のコメディカルがこうした認識を所有するに至ったことが、当会の歩みの起源です。

 その柔整師は、当時勤めていた整形において外来処置をはじめX線検査(補助)、看護業務(補助)、物療およびリハ管理、地域医療サポート(テーピング講習会の開催等)に至るまで、あらゆる部門を統括する現場責任者として、院長が出席する関連学会のほとんどに帯同。

 独立開業後はAKA⁻博田法、ANT(関節神経学的治療法)を軸に、難治性疼痛の臨床研究のかたわら、ミラーセラピーに触覚を組み合わせた応用技術(ミラータッチング)を開発。

 ミラータッチングの効果発現メカニズムならびに先述した“個体差の理由“を考えたとき、その答えは末梢(デバイス)の次元ではなく、明らかに中枢(ホストコンピュータ)の次元すなわち“脳”にあるという視点に到達。

 こうした視座の獲得に際して当初脳科学の門をたたき、最終的にCSBM(認知科学に基づく医療)という概念に逢着しました。