1994年千葉県内の整形外科においてコメディカル有志によるAKA-博田法の勉強会発足
2006年関節運動学研究会(AKG)発足
2008年関節神経学的治療法(ANT)の臨床追究にシフト
2009年関節拘縮の実態について中枢説を提唱
2010年AKG研修会において「痛み記憶の再生理論」を発表
2011年AKGの名称をBFI研究会に改称
2012年ネット上に「痛み記憶の再生理論」を公開
2013年関節神経学-関節受容器の機能と組織学的証明-に独自の視点を加えた
『関節受容器によるフィードフォワード制御理論』を発表
2014年地震工学における建築学の視点で捉えた人体脊椎機能-脊椎は脳を守る
骨格ダンパー-を出発点にして、椎間板の医学常識を根底から覆す新理論
『椎間板のパラダイムシフト-トランス・ファンクション理論-』を発表
同年デフォルト・モード・ネットワークにおける「境界意識仮説」を提唱
2020年日本脳弾塑性学会発足