概要

 2021年4月18日「傾聴カウンセリングとは何か?」というテーマでの講演。その冒頭シーンを収めた動画です。CSBM(認知科学に基づく医療)の基本理念は個体差を重視する姿勢であり、同時にクリニカル・コミュニケーションのベースにもなります。

 物理学者はアインシュタインの登場によって「直感に反する認知の壁」を乗り越えてきましたが、医療者においても同様のプロセスがあって然るべき…。

 両者に共通して言えることは「相対的な視座を手に入れること」であり、これが「個体者重視の視点と見事に重なる」という講義です。是非ご視聴ください。 

お試し動画(ダイジェスト5分版)



動画(全2編・25分)

本講演を視聴するにはゴールド会員へのアップグレードが必要です(詳しくはこちら)。

この続きは会員レベルを上げるとご覧いただけます(手続き後はトップページに遷移しますので本ページのURLをコピーしておくことをお奨めします)。→ . あなたは会員ですか ? 会員について