本動画はシルバー会員(無料)の方も視聴できます!

概要

 以前、ゴールド会員に配布した患者用ビデオ教材にプチ編集を加えた改訂版です。主にNHKが放映した番組を軸にして、脳と痛みの関係および脳膚相関、さらにBReINの実際(セミナー動画等)などを紹介しています。

 総じてテレビという情報媒体の影響力は強力ですので、我々が個人の言葉で100時間解説するより、テレビを1時間観ていただいたほうがよほど患者の理解は深まります。国民のペインリテラシーを向上させるためには、テレビというツールは欠かせません。

 しかしその一方で、同じテレビ局が痛みのソフト論を紹介する番組を放映したかと思えば、その数週間後には旧態依然としたハード論を紹介するというダブルスタンダードが当たり前の世界です。よって視聴者の大多数は「分かりにくいソフト論、斬新なソフト論」より「分かりやすいハード論、馴染みのあるハード論」に逆戻り…。

 三上クリニカルラボの待合室には大型のPCモニターが設置してあり、本動画を終日流しています(リピート再生エンドレス)。

 当院に通院する患者は待合室にいるあいだ、同じ映像を否応なく見せつけられる展開…。ある意味、ハード論に洗脳されている状態の患者がほとんどですので、逆洗脳していくにはこれくらいの執拗な措置がどうしても必要…。

 一例として、妻の治療のために付き添い(車の送迎役)で来た夫が、待合室で待っている間ずっと本動画を観た(観せ続けられた)結果、脳と痛みの関係やオキシトシンの効果に感嘆し、妻の送迎に対してたいへん前向きな姿勢に…、というケース。

 自力で通えない患者は送迎役の家族に「負担をかけて申し訳ない」という思いを抱きやすいわけですが、本人よりむしろ付き添い役のほうが通院に積極的になる展開は、我々施術者にとってこの上ないほど好ましい流れだと言えます。

 夫婦のケースであれば、通院を重ねるなかで付き添い役(夫)も施術を希望する展開になれば、しめたものです。今度は夫の施術を待っているあいだ、ついに妻本人が鑑賞することになります。そもそも患者本人に本動画(90分)を観ていただきたいわけで…、こうした展開になると施術への理解が深まり、こちらとしても非常にやりやすくなります。いろいろな意味で。

 本ページにあってはサーバー負担の関係で、90分の動画を3つに分けて貼り付けてあります。「これを自院の待合室でも利用したい」という会員は、USBメモリ(32GB以上)を郵送していただければ、90分版(3本分割ではなく1本版)をインストールして返送させていただきます。

料金は無料です。ただし、こちらに郵送する際にUSBメモリと一緒に返送用封筒(住所氏名を記入して切手を貼り付けた状態)を同封してください。希望される方はこちらのページ(お問合せフォーム)からご連絡ください。なお本サービスの対象はゴールド会員限定とさせていただきます。

 以下に本動画の内容を略記します。

①(30分37秒)
  ・NHK「脳疲労とは自律神経中枢の疲れ」
  ・NHK「タッチケアの科学」
  ・NHK「オキシトシンパワー」
  ・BReINの紹介
②(30分6秒)
  ・NHK「オキシトシンによるアンチエイジング」
  ・地方局「認知症に対するタッチケアの効果」
  ・NHK「脳で治す腰痛治療革命」
  ・NHK「マインドフルネスの科学」
  ・ミラータッチングの紹介
③(26分45秒)
  ・NHK「慢性痛の正体(痛みの根本原因は脳)」
  ・NHK「痛みは感情の影響下にある(前頭前野の機能低下)」
  ・NHK「難治性疼痛に対する認知行動療法」
  ・NHK「発達障害って何だろう」 

本編動画(全90分・①~③)

本動画はシルバー会員(無料)の方も視聴できます!

この続きは会員レベルを上げるとご覧いただけます(手続き後はトップページに遷移しますので本ページのURLをコピーしておくことをお奨めします)。→ . あなたは会員ですか ? 会員について