概要

 人類の思考モデルを考える上で絶対に避けて通れないヒューリスティックの問題。これを理解している医療者と知らない医療者では、見える景色がまったく違います。両者のあいだに共通言語はないと言っても過言ではないほどに。
 

 運動器系の成書とくに画像診断に関わるページは、将来的に認知科学によって書き換えられる可能性があります。本講演においては認知科学の成り立ち、ハノイの塔、モンティホール問題、三囚人問題などを例に挙げて、ヒューリスティックと画像診断の関係について解説しています。是非ご視聴ください。

YouTube公開版(6分)



動画(全7編・74分)

本講演を視聴するにはゴールド会員へのアップグレードが必要です(詳しくはこちら)。

→動画の視聴方法

この続きは会員レベルを上げるとご覧いただけます(手続き後はトップページに遷移しますので本ページのURLをコピーしておくことをお奨めします)。→ . あなたは会員ですか ? 会員について