概要

 ここで紹介するケースは、激痛を伴う暴力的なリハビリの危険性について深く考えさせられる症例です。

 現代西洋医学=絶対医学という本質的バックグランドは痛みやリハの現場にも影を落としています。疼痛感受性(脳の情報処理性能)という個人差をまったく考慮しない絶対医学の闇…。CPMのようなやり方で良好な結果を得られる人もいれば、反対に相性が悪い人もいるということです。

 本動画は重度の関節拘縮に見られる皮膚可動性の問題に焦点を当てて、ビフォーアフターを収録しています

 動画内で「BFI&ミラーセラピー」という字幕がありますが、実際に使用した技術はBReINスキンダイレクトにおける皮膚回旋誘導テクニックも重用しています(字幕に入れ忘れました…)。

本編動画

この動画はシルバー会員の方もご覧いただけます(詳しくはこちら)。

この続きは会員レベルを上げるとご覧いただけます(手続き後はトップページに遷移しますので本ページのURLをコピーしておくことをお奨めします)。→ . あなたは会員ですか ? 会員について