認知科学は神経科学、心理学、言語学、哲学、人類学等の学際的学問(異分野にまたがる横断的な研究体系)です。

 認知科学と人工知能は双子の学問と言われており、両者とも根っこの部分で「人間とは何か?」「意識とは何か?」という同一テーマを抱えています。

 人工知能の研究は情報科学というツールを用いて“機械的な意識”を造り出す領域であるのに対し、認知科学は人間そのものを深く掘り下げていく学問だと言えます。どちらもヒトというモデルを対象にした研究デザインであることから、双子の学問と言われています。

 他方、現代西洋医学は臓器医学という言葉に象徴されるように、解剖学をベースにした“人体機械論”として発展してきました。人体は様々なパーツの組み合わせから成る“機械人形”であり、たとえば痛みという感覚は「パーツの損傷を知らせるサインである」と。

 ところが1960年代、ペインクリニック(麻酔科)の創設を機に、「パーツの損傷が見当たらない痛み」という存在を人類は知ることになります。

 奇しくも同じ1960年代に生まれた認知科学は、その後の発展の中で「パーツの損傷を知らせることだけが痛みの役割ではない」ことを明示するようになり、当会はこうした痛みをソフトペインと命名しました。

 認知科学は痛みのみならず、神経科学における発達モデルから加齢モデルに至るまで、様々な領域に“知のイノベーション”をもたらしています。

 たとえば香害(スメルハラスメント)に潜む嗅覚の特異性(※1)を詳らかにしたり、ロボットを使った強化学習の実験から、うつ病メカニズムの一端(報酬系回路の障害)が解明されたり(※2)、ラバーハンドイリュージョンの実験によって感覚転移(いわば感覚の移植)が実証されたり、これをヒントにして鏡像認知錯覚を利用したミラーセラピーが開発されたり(※3)、共感覚やクロスモダリティの実験から五感の多感覚統合モデルが明かされたり(※4)と、従来の基礎医学とは一線を画す形で生体システムの解読が次々に為されています

(※1)香害と嗅覚の認知科学  (※2)うつ病ロボットの実験  (※3)ミラーセラピー  (※4)→痛みのクロスモダリティ仮説

 さらに認知症に対する薬物療法の限界に対しても、認知科学が新たな枠組みを示唆し始めており、現代医学とくに整形外科による構造的ラベリングの限界に対しても明快な視座(痛みのソフト論)を提供しています。

 そうした認知科学の知見に基づいて行われる医療が「Cognitive Science Based Medicine(認知科学に基づく医療)」です。略してCSBMと言います。

 CSBMを象徴する分かりやすい例として、以下のようなものがあります。

 右足首の痛みを訴える患者さんにベッドに仰向けになってもらい、両下肢を交差させた状態(右側に左足が位置して、左側に右足が位置するように、左右が反対になるように足を組んだ状態)にして、右足首の圧痛を調べると、通常の状態で調べたときより、足を組んだ状態のほうが圧痛が弱まることが確認できます。

 これは空間的に本来あるはずの位置に健側の足があるため、脳が錯覚することで痛みが和らぐ現象です。

 本事例のように認知科学の視点を臨床に導入することで、疼痛概念のパラダイムシフトが水面下で進行しています。

 そのスタート地点にあったミラータッチング(ミラーセラピーにタッチングを融合させた技術)の開発をはじめ、CSBMの可能性は今後ますます広がっていくのではないか、私たちはそのように考えています。

認知科学に基づく医療(CSBM)とは何か?
心身統合療法とは何か?
脳弾塑性とは何か?
→ソフトペインとは何か?(作成中)
BReINとは何か?
脳研究の“プランB”とは何か?
→当会認定「心身統合療法士」について(作成中)